フォト

最近のトラックバック

2017年7月18日 (火)

京野菜で

京都のお土産に買ってきた京野菜。
お話を聞くと、京野菜って言っても京都で作られているものばかりじゃないって。
なので、一応京都産を確認して、美味しかった万願寺とうがらしと賀茂なすを買いました。

P1050700 P1050701

今晩は、この京野菜を使っておかずを作ってみました。
万願寺とうがらしは、ちょっと甘辛く味付けして上にちりめん山椒をトッピング。
賀茂なすは、定番の田楽に。
上に塗った柚子味噌は、この冬作った自家製です。

嵯峨豆腐 森嘉さんのお豆腐も買って帰りたかったんだけど、結局行けなくて断念。
こちらのお豆腐、ほんとに美味しくて、京都に行ったら絶対買って帰りたい!って、いつも思います。

長いものわさび味のお漬物も酒の肴に。
伏見で買ったお酒が美味しい夕食でした。

2017年7月17日 (月)

夏の京都

三連休を利用して京都へ行って来ました。
初日は、せっかくの京都だからと、なかなか行けない近又さんへも行きました。手の込んだお料理、今が旬の万願寺とうがらしが美味しかった!

P1050696 P1050698 

錦市場を通り抜け、祇園祭りで混んでる市内を避けて、主人が行きたいと言った泉涌寺から伏見へ。
月桂冠でお酒を買い、ウェスティンホテル都にチェックイン。

Img_0391 P1040563 

祇園祭の宵山も山鉾巡行も相変わらずすごい人出。
どこのお店に入っても色んな言葉が飛び交い、はんなりした京都弁を聞くとホッとしてました。
夕立があったものの連日蒸し暑く、京都は暑いって分かっているけれど、暑いって言葉がつい出てしまう程。
よく歩き、よく汗もかきました。

Img_0399 Img_0414 _0425

久しぶりの龍安寺、銀閣寺にも足を延ばし、美味しいものも食べて、日常を忘れてました(笑)
予定が狂って保津川下りは出来なかったけれど、次回の楽しみという事で・・・
三日間、京都を楽しんで帰ってきました。

実はこの旅行、娘夫婦がプレゼントしてくれたもの。
娘夫婦に感謝です。

2017年7月11日 (火)

アフリカの布

赤磐市のアトリエ風さんで開催されていた「アフリカの布 ガラスのもの」展に先日、行ってきました。
アフリカの布ってあまり馴染みがないので、どんな布だろうと興味津々でした。

P1050688特に目を引いたのが草ビロードと呼ばれる植物のラフィアで織った布。
農作業の後、男性がラフィアを糸にして布を織り、女性が幾何学模様を刺繍しているのだそう。

下書きがある訳ではないのにきれいな幾何学模様。
クレーやマチスにも影響を与えたとか・・・
よく見ると、細かい作業なんだけれど大らかだなあと思いました。
日本人だったらもっときちんと正確にするだろうなあ~って・・・
色んなデザインがあるけれど、一つとして同じものは出来ないっていうのがいいですね。
アフリカの大らかさ・・・好きだなあ~
ラフィアの繊維の長さの関係で、出来上がりは座布団の大きさ位にしかならないんですって。

P1050684 P1050685

アフリカにも藍染めがあるって、なんだか意外でした。
そのデザインもアフリカの動植物が染め分けられていて、日本にはない藍染めでした。
アフリカ大陸の乾いた大地でこういう手仕事がなされているって、すごいなあってちょっと感動でした。
普段はなかなか見られない貴重な布を拝見できて良かったです。

P1050686 P1050690

アンティークのガラスたちも、存在感ありましたよ。
イギリスのアンティークのインク瓶、カットが深くてきれいな小鉢・・・どこに飾ろうか、どう使おうか考えながら買うのも楽しいです。

2017年7月 9日 (日)

スロウな本屋さんで

今日は、スロウな本屋さんでヒンメリのWS。
いつものWSとはちょっと違った初めての試みのWSでした。

P1050677今年刈ったばかりの麦を事前に参加者にお渡しして、おうちで天日干しして持って来ていただきました。
いつものWSでは、この麦わらをサイズごとにカットしてお渡ししているのですが、今日は皆さんに必要本数をご自分でカットしてもらいました。
刈り取られ、脱穀した麦わらを見ることも、カットすることも、あまりないことだと思います。

今年の春撮影した青々とした麦畑、刈り取る前の黄色になった麦畑の様子、実際の麦の穂も見て頂き、麦の種類、国内の麦の事、麦を使った食品が私たちの手に渡るまでに色々な工程を経ていることなど簡単にお話しました。
国内産の麦の中で、岡山県産の麦のシェアはほんとに少ないんです。
今日、その岡山県産の麦を使ってヒンメリを作ることで、岡山の麦の事も少し知って頂けたら・・・そんな思いもありました。

P1050682 P1050683

小学生のお子さん達も、麦わらをカットしてヒンメリを作りました。
途中、裂けちゃったりして手直ししましたが頑張りました。
難しかったけれど楽しかった、麦わらの中が空洞だったって初めて知ったという感想もなんだか初々しい。
麦わらを干して、カットして、ヒンメリを作る・・・素材が形になる良い経験だったのではないでしょうか。

WSが始まってから、ものすごい土砂降りになって、その上雷もすごかったです。
「ピカピカ光ってるね~」って言うので、雷の事かと思ったら、麦わらがピカピカ光って綺麗ね~って事でした(笑)

2017年7月 8日 (土)

さくらんぼと蜻蛉玉

P1050662秋田に住む主人の妹から毎年この時期になるとさくらんぼが届きます。
今年は山形県寒河江市のさくらんぼが届きました。
蓋を開けると、大粒でぴかぴか光ってるさくらんぼが・・・
岡山に住んでいるとマスカット、白桃は口にする機会は多いけれど、さすがにさくらんぼはこんなに沢山買うことはないですね。
早速食べてみると甘~い!
少しづつ娘の所や親戚にも幸せのおすそ分け。
この時期にしか味わえないプレゼントに感謝です。

蜻蛉玉の展示会の案内を頂いたので先日、羅羅さんに行って来ました。
以前から間野さんのレースや井上さんのジャムも置いているとお聞きしていたのですが、なかなか伺えず、やっと機会に恵まれました。
素敵な雑貨やお洋服・・・長居をしてしまいそうな居心地のいいお店です。

P1050674 P1050675

蜻蛉玉もお花をモチーフにしたものを中心に、たくさん展示されていました。
作品を見て、作家の澤見照美さんはきっと素敵な方なんだろうなと思いました。
昔から蜻蛉玉が好きで・・・
自分で作れないから余計なんでしょうね、蜻蛉玉の世界に憧れます。
色々見せて頂いてこれからの時期に涼しげな紫の蜻蛉玉を買って帰りました。

«ヒンメリのWS THA CHAYAさんにて

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ