フォト

最近のトラックバック

旅行・地域

2018年5月 6日 (日)

境港、玉造温泉へ

連休後半、蒜山から境港、玉造温泉へ行って来ました。
どこも多くの人で賑わっていました。
今回は、ウォルドルフ人形の用事で境港へ行くことになったのですが、せっかく境港まで行くのなら玉造温泉にも泊まりたいねという事になり、家族を巻き込んでの小旅行になりました。

私が用事を済ませている間、家族は水木しげるロードから港の魚市場へ回ったようです。
玉造温泉に着いたのは、夕方5時前。

31944045_764677370403200_3707525678 31958557_764677363736534_5857769053 31948810_764677413736529_7452589112

早速、大きな露天風呂へ。
温泉も久しぶり。いいお湯でしたhappy01

31958819_764677420403195_7906157038翌日は、鰻が食べたいと主人が言うので、
友達に教えてもらった鰻屋さんへ。
松江は何度も訪れていますが、ゴールデンウィークだと言うのにお休みのお店が多く、美味しいコロッケも今回買えず、主人は残念がっていました(笑)

まあ色々ありましたが、思いもかけずあちこち回った小旅行でした。

2018年2月12日 (月)

金毘羅さんへ

昨日から金毘羅さんに行って来ました。
お正月の旅行を怪我の為キャンセルしたので、息子が近場でって旅館を取ってくれました。

27971562_729274460610158_3835913359 27657645_729274453943492_4720977312 27751454_729274467276824_2495373771

瀬戸大橋を渡ったらすぐ。
金毘羅さんに来たのは3回目だけど、泊まったのは初めて。
いい温泉でした。
朝起きたら、屋根が真っ白でビックリsign03
寒かったけど、参道をぶらぶら散歩して、お昼は讃岐うどんを食べ、前から行きたかったジャンクガーデンスミヤさんへ。

27657222_729274463943491_4425903789 27973107_729274517276819_8252803796

お店に入ってすぐ目に付いたのが、真鍮の細いパイプで作られたヒンメリのサンキャッチャー。
丸い木のスツールも目に留まり、多肉植物を植えてもいいなあとアルミのカップやアイアンのチリトリも購入。
アンティークのものが所狭しといっぱいあって、私には目の毒。
春になると庭のお花が咲いて、オープンガーデンになるそう。
また行きたいお店です。

2017年11月26日 (日)

母と奄美大島へ

23844911_698796416991296_8359261558母と行った奄美大島。
怪我をさせてはいけないと、小さな子供連れのように気を使いながらの旅行でしたが、楽しんで帰って来ました。

奄美大島の空港に降りると、風が暖かい!
植えてある木々も違うし、まだハイビスカスも咲いていて、やっぱり南の島です。

私がどうしても行きたかったのは、伝統工芸士の金井さんがいらっしゃる大島紬の泥染めの工房。

23905390_698796310324640_1743702939 23905327_698796313657973_4260102948 23915644_698796333657971_6377663848 24129828_698796330324638_7081277498

24058985_698796370324634_8386397966テーチギ(車輪梅)のチップで煮出した液で70〜80回染める途中、泥染めを3回。
テーチギのタンニンと泥の中の鉄分が反応して黒くなるのは分かるけど、何故普通の鉄媒染ではダメなのか?何故奄美大島の泥がいいのか?それが知りたかった!
織元の会社で色々工程を聞くと、大島紬が何故あんなに高価なのか納得しました。

時折雨が降るあいにくのお天気だったけれど、船で沖に出て熱帯魚が群れ泳ぐ珊瑚礁の海の中を覗き、マングローブの原生林も見て、田中一村の美術館にも行き、郷土料理の鶏飯も食べ・・・

23844878_698796373657967_7916190843 23844814_698796433657961_6878697670 24059072_698796460324625_2678791423 23905311_698796453657959_1820408047

二日間、奄美を満喫して帰ってきました。
母が疲れたって一回も言わなかったので、余程楽しかったのだろうと勝手に思ってます。
母が元気な間に、また一緒に出かけたいな。

2017年11月 5日 (日)

湯田温泉

5日に主人の大学の同窓会が山口県湯田温泉であるという事で、ならばと一泊旅行にして同行しました。

23130992_690550887815849_7400052849 23167866_690550891149182_3771883074

泊まったのは、国登録有形文化財の山水園。
急きょ行くことにしたのに、この連休でよく予約が取れたなと思います。
昔の日本建築はいいなあと思わせてくれる落ち着けるお宿でした。
温泉も良かったし、手入れされた広大なお庭も素敵でした。

今日は、お昼前に主人と別れて、ザビエル記念聖堂と瑠璃光寺へ。

23167757_690550884482516_3784244421 23131745_690550894482515_7338692130 23172740_690550941149177_5923649303

どちらも3回目の訪問だけど、何回行ってもいい所ですね。
焼失前のザビエル記念聖堂も好きでした。
久しぶりに教会の中で心落ち着く時間を過ごし、今生かされている事に感謝して帰って来ました。
主人は今頃同窓会の二次会で盛り上がっているだろうなあ~

2017年9月12日 (火)

蒜山 蕎麦の花

日曜日に、仕事があるという主人にくっついて蒜山へ、また行ってきました。
もう涼しくなってるかなあ〜と、羽織るものを持って行ったのですが、丁度いい気候。

21728479_670631046474500_9125856615 21617838_670631033141168_6239108119

この間は、ヒマワリが満開だったけれど、今は蕎麦の花が満開!
白い小さな花がずーっと続いています。
いつも行列の悠庵さんには、早目に行ったので新蕎麦を頂けました。
北海道産の新蕎麦だけど、美味しかった!

21740257_670631059807832_2485852759 21730872_670631039807834_7657897146 21618047_670631089807829_7260086982

季節はすでに秋。
萩の花が咲き、アケビも栗も色付き始め、ススキも穂が揺れていました。
私の大好きな吾亦紅も名前も知らない可愛い花も庭でのびのび咲いていました。

去年リースを作ろうと採って帰ったアケビの蔓がまだそのまま。
早く作ろうと思います。

2017年8月14日 (月)

蒜山へ

Img_0541お盆の用事を済ませて、5月以来の蒜山へ行って来ました。
蒸し暑い岡山市内と違って、風が爽やかで気持ちいい!
3か月の間に緑も濃くなり、小さな花たちの顔ぶれも変わってる。
何故か、蝉の声まで暑苦しくない(笑)
蒜山に来ると、ホッとします。

持って行ったのはワインと読みたかった1冊の本。
毎日時間に追われている私にとって、時間を気にしないで過ごすこの時間は、すごく贅沢な時間に思えます。
水の流れる音、鳥の鳴き声、岡山市内ではなかなか聞けないヒグラシの声・・・
耳を澄ませると、自然の真ん中にいるような感覚になります。

Img_0524 Img_0566 Img_0568

Img_0559夜はみんなでバーベキュー、食べて、飲んで、しゃべって、それも楽しい時間。
朝の空気も下草が濡れる程ひんやりしていて、散歩もついつい遠くまで。
いつものチーズ、朝採りのトウモロコシ、枝豆などを買って、帰ってきました。
家に帰って最初の言葉は、久しぶりに使った気がした「暑いね」でした。

2017年7月17日 (月)

夏の京都

三連休を利用して京都へ行って来ました。
初日は、せっかくの京都だからと、なかなか行けない近又さんへも行きました。手の込んだお料理、今が旬の万願寺とうがらしが美味しかった!

P1050696 P1050698 

錦市場を通り抜け、祇園祭りで混んでる市内を避けて、主人が行きたいと言った泉涌寺から伏見へ。
月桂冠でお酒を買い、ウェスティンホテル都にチェックイン。

Img_0391 P1040563 

祇園祭の宵山も山鉾巡行も相変わらずすごい人出。
どこのお店に入っても色んな言葉が飛び交い、はんなりした京都弁を聞くとホッとしてました。
夕立があったものの連日蒸し暑く、京都は暑いって分かっているけれど、暑いって言葉がつい出てしまう程。
よく歩き、よく汗もかきました。

Img_0399 Img_0414 _0425

久しぶりの龍安寺、銀閣寺にも足を延ばし、美味しいものも食べて、日常を忘れてました(笑)
予定が狂って保津川下りは出来なかったけれど、次回の楽しみという事で・・・
三日間、京都を楽しんで帰ってきました。

実はこの旅行、娘夫婦がプレゼントしてくれたもの。
娘夫婦に感謝です。

2017年6月10日 (土)

大垪和西の棚田

岡山市から車で1時間半の美咲町にある大垪和西の棚田を見に行って来ました。
以前から行きたい、見たいと思っていた、ここの棚田は日本棚田百選にも選ばれています。

P1050588 P1050590

先日田植えが終わったばかりの棚田は、苗が整然と植えられていて青々としていました。
約850枚もあるという棚田の縞模様がほんとに綺麗!
蛙が鳴き、てんとう虫が動き回り、鶯の鳴き声が聞こえ、とんび?が空を旋回しています。
岡山市内とは空気が違う!
緑に囲まれた世界、草の匂い、水の音・・・
パンフレットに書かれている通りまさに「癒しの棚田」でした。

P1050591 P1050593 P1050596

お昼は、棚田のあげ家やまっこでやまっこ定食を頂きました。
テーブル席3つの小さなお店。
でも作りたてのお豆腐、揚げたてのおあげ、棚田の天水で作られたこしひかり、おからの団子汁、クサギナの煮びたし、おからのサラダなどなど地元のおばちゃん達が作る優しい味に食は進む進む。
おばちゃんから作り方など教えてもらいながら、ご飯はお代わりをしてしまいました。

P1050602 P1050598 P1050601

お腹がいっぱいになったところで、近くのアーツ&クラフツビレッジへ。
こちらにお邪魔するのも久しぶり。
ちょうど取材の方々がいらっしゃって、ティータイムとのこと。
美味しいコーヒーとお手製のケーキを頂きながら、原田さんと歓談。
べんがら染めしてたからやってもいいよと声をかけて頂き、和紙のべんがら染めに挑戦。
ストールは染めたことがあるけれど、和紙は初めて。
ラッピングペーパーにも封筒にも用途は色々。
気が付くともう5時過ぎ!

朝から夕方まで、中身の濃い一日でした。

2017年1月 4日 (水)

淡路島へ

「淡路島に行こう!」そう言って、勝手に宿を取った主人。
淡路島はもう何度も行ってるし、お正月は家で好きなことしたい・・・そう思ったけれど、息子も運転してくれるって言うし、気分転換に出掛けました。

P1050094今年のお正月はお天気にも恵まれて、ドライブ日和でした。
途中5台が絡む追突事故の為、少し渋滞しましたが、お昼には淡路島に到着。
美味しいお魚を食べて、温泉に入り、久しぶりにゆっくり寝ました。
家にいたら寝る時間を削って好きなことに没頭する私をゆっくり寝かせたい!・・・これが主人の「淡路島に行こう!」だったようです。
お陰さまで久しぶりに8時間寝ました(笑)

P1050103
翌日はゆっくりチェックアウトし、灘へ。
お酒を買って、龍野の親戚の家に寄って帰ってきました。
いい気分転換が出来たようで、明日からまた頑張れそうです。

2016年10月10日 (月)

因島へ

P1040806因島に行きたいと勝手にホテルを予約した主人。
そう言えば、いつかミカンの木に囲まれて暮らしたいと言っていたっけ・・・
まあ夢がかなうかどうかは分からないけれど、気分転換にと付いて行くことにしました。

因島に行く途中、福山に住む主人の友達を訪ねました。
奥さんは、私が通った高校、大学の一つ後輩。
ほんとに久しぶりの再会でした。
せっかくなので福山城にも足を延ばし、福山の街並みを天守閣から眺め、商店街をぶらぶらしている時に見つけたkokomoというお店でランチ。
夜はワインバーになるみたいだけど、1,000円のランチプレートは結構ボリュームがあって、美味しかったです。

P1040828 P1040813

しまなみ海道を渡って因島で一泊。
瀬戸の夕焼けはいつ見ても綺麗・・・
お魚も美味しい・・・

P1040826 P1040827 P1040824

翌日は大三島に渡り、主人の友達に勧められた大山祇神社 へ。
日本総鎮守というだけあって、立派な大きな神社でした。
ご神木の大楠もすごかったけれど、私の目をくぎ付けにしたのは臭木の青い実。
こんな所で見つけるなんて・・・
ほんの少し頂いてきたのですが、蒔いたら芽が出るかしら?

ミカンやレモンをお土産に買ったけど、私の一番のお土産は臭木の実かもしれない・・・

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ