フォト

最近のトラックバック

フェルト

2017年2月18日 (土)

加藤喜代美さんのフェルト展

P1050203今日は二十四節気の雨水。
雪から雨に変わり、氷が溶けて水になり、草木が芽生える頃だそう。
そう思って雨上がりの庭を見ると紫陽花の芽が出てる・・・
春に向けての準備は始まっているんですね。

P1050183 P1050184

後楽ホテルで加藤喜代美さんのフェルト展が開催されているので、行って来ました。
フェルトのマフラー、帽子、バッグ、アクセサリーなどが展示されていました。
フェルトって力仕事だから、あれだけの作品を作られるのは大変だっただろうな~と思いました。
デザインだけでなく、羊毛の使い方、色の混ぜ方など、他の方が作られた作品を見るのはとてもいい勉強になります。
色々見せて頂いて、色使いが素敵だなあと思って、ネックレスを買い求めました。
黒いセーターに合いそうです。

加藤さんがされている赤磐市のアトリエ「風」には、フェルトだけでなく加藤さんの作品がいっぱい展示されています。
今、アトリエでは「加藤喜代美 PAPER WORKS」展が開催中。
来週の日曜日には、私もヒンメリのWSをさせて頂きます。
また伺えるのがとても楽しみです。

2016年6月24日 (金)

羊のペットボトルホルダー

先週の土曜日18日に羊のペットボトルホルダーを作りに広島に行って来ました。
山口の講師仲間が企画したWSで、講師は京都の加藤ますみさん。
やはり講師仲間ですが、京都の羊毛のお店「金の羊」でもフェルトの教室をされている作家さんです。

加藤さんにお会いするのも久しぶりでしたが、ゆっくりお話しする間もなく10時半からお昼を挟んで夕方5時まで、みっちり羊毛と格闘してきました(笑)

2016061811530001_2 2016061815190000

型紙に羊毛を置いた時は、こんなに大きいの?とびっくりでしたが、しっかりフェルト化すると縮むものですね。
ペットボトルがちょうど入る大きさになるまで立体に形作るまでは良かったのですが、羊の顔は難しいcoldsweats01
なんとか形にして、耳を付け、目を付け、しっぽを付けたところで時間切れ。
持って帰ってよく乾かして、やっと完成させました。

P1040485 P1040486

家族の反応は、まず意味不明の笑み。
髪の毛を付ける前は「ネズミか?」付けた後は「羊ねえ~そう言われれば見えなくはない」と・・・
挙句の果てに「なんで羊がグレーなんだ?」
「このホルダーに使っている羊毛は原毛なんだよ~ということは、こういう色の羊さんがいるって事でしょう?」と反論したけれど、羊はベージュと決め込んでいる頭の固さ。
聞かなきゃ良かったsad

P1040484そう言えば、以前加藤さんの所で作った羊のポーチも顔が難しかったのを思い出しました。
やっぱりもう一匹作ろうかな?納得していない自分がいます・・・
パーツを作った時の切り取った後の小さなフェルト片も捨てるのはもったいなくて、ネックレスのパーツにしてみました。
手がかかっているフェルトだものね。

2016年6月12日 (日)

ヨモギで染めた羊毛で

先日ヨモギで染めた羊毛で何を作ろうか?って考えて、そら豆の赤ちゃんを作りました。
今が旬のそら豆。
あのふかふかのベッドに守られて大きくなるそら豆。
そのそら豆のさやをあの羊毛で作ってみたいって思いました。

スウェーデンひつじの詩舎のキットで作ると、さやは濃い緑色なんだけど、ほんとのそら豆はもっと薄い緑だなあ~って昔から思っていて、ヨモギで染めた羊毛なら私好みのさやが出来るような気がして・・・

P1040456 P1040457 P1040463

以前染めた刈安に藍をかけた少し濃い緑も大雑把に混ぜて、フェルト化しました。
この時期のウェットフェルト作りは、暑い!
熱いせっけん液に手を入れてひたすらゴシゴシ・・・coldsweats02
首にタオルをかけての作業です。
さやの上をカットすると、中はほんとのそら豆みたいにふかふかです。

P1040464 P1040465

さやが出来た後は、そら豆の赤ちゃん作り。
キットでは、洋服のヴェロアの色は白、黄色、黄緑なんだけど、洋服も全て黄緑色で作り、ついでに羊毛でそら豆も作って遊んでしまいました。
ヨモギ染めの羊毛が活かせて良かったです。
楽しかったあ~happy01

2015年11月15日 (日)

フェルトのきのこ

11月半ばにしては、暖かい一日でした。
明日が父の命日なのですが、今日お墓にお参りに行って来ました。
父が亡くなって丸3年。早いなあ~って思います。
お墓の周りの木々も紅葉して、綺麗でした。

 P1030764_2 P1030767_2

我が家の庭はというと、夏の間に丈の伸びた多肉植物も紅葉してます。
山茶花も咲き出しています。
そろそろパンジーも植えたいんだけど・・・

作品展まであと1週間。
中途半端に作りかけているものも結構あり、どれから手を付けようかと迷いながら、今日は机にかける布を縫い上げ、仕舞ってあった布も出してきてアイロンかけ。
結構疲れましたcoldsweats01

P1030771その後、山のディスプレイ用に、きのこを少し作りました。
この秋の山のディスプレイは、予行演習がある訳ではないので、前日ぶっつけ本番で飾り付けます。
大体こんな感じという程度のイメージしかないので、作ったきのこも使うかどうか・・・
この1週間、胃が痛くなりそう・・・

2015年8月 9日 (日)

夏のフェルトワーク

今日は、イオン岡山のハレマチ特区365で「夏のフェルトワーク」の講習でした。
立ちっぱなしの講習なので足は大丈夫かなと思いましたが、湿布のお陰もあって今日は痛みもなくて良かったです。

P1030480 P1030487

ニードル針でフェルトのブローチを作るワークだったのですが、夏休みのせいでお子さんの参加も多かったです。
好きな型と好きな色の羊毛を選んでもらって、ニードル針でさくさく突いていきます。
どの位刺し固めたらいいのかが最初は分からなかったようですが、触ってみてふわふわがなくなって、しっかりしてきたなと思う触り具合が、やっている間に分かってもらえたようです。

色々なブローチが出来ましたよhappy01

P1030479 P1030484 P1030488 

P1030489_2 P1030492_2 P1030486_2

「帰ったらお母さんにあげるんだ」というお子さんもいました。
お母さん喜んでくれたかな?

羊毛を触るのも初めてのお子さんもいらして、羊毛の手仕事が少しは伝えられたかなと思いました。

2015年7月31日 (金)

「夏のフェルトワーク 羊毛で作るブローチ」のご案内

夏休み向けに羊毛を使ったワークを・・・とイオン岡山のハレマチ特区365のKさんから声をかけて頂いたのが6月。
夏に羊毛って暑くない?ってお聞きしたのですが、クーラーが十分効いているから大丈夫よと言われ、その気になってしまいました。
でもほんとに毎日暑いですよね~
作りに来てくれるのか、この頃ちょっと心配coldsweats01
夏休みのお子様と一緒に、イオンでお買い物のついでにどうぞお立ち寄りください。

「夏のフェルトワーク 羊毛で作るブローチ」

P1030429色のついた羊毛を使って、ブローチを作りましょう。
可愛いデザイン、夏らしいデザイン・・・・ニードル針でさくさく。
クッキーの型を使うとお子様でも作れます。
夏休みの手仕事にいかがですか?
所要時間は30分から1時間ぐらい。
大人から子供まで楽しめるワークです。
針を使いますのでお子様が参加される場合は、保護者同伴でお願いします。

 日 時  8月9日(日) 11:00~随時 (最終受付 15:00)
 場 所  イオンモール岡山5階 ハレマチ特区365
        岡山市北区下石井1-2-1
 参加料  700円(税込)
 申込先  ハレマチ特区365 ℡086-206-7204

2015年7月 1日 (水)

羊毛のブローチ

今日から7月。
今年も半分が終わってしまったんですね。早いなあ~
娘の結婚式以来、母の具合が悪く、手仕事も滞っています。

P1030429久しぶりに羊毛を手にして、フェルトのサマーワークの見本を作りました。
真夏にフェルトはどうかな?と思いましたが、クーラーが効いているので・・・と依頼を受けて。
ワークショップは8月。
夏休みなので、子供にも作れるようにクッキーの型を使って作れるようにしました。
もちろん、大人の方はフリーハンドでも大丈夫です。

夏を感じさせるデザインで、ちょっと暑苦しさは解消できたかな?

2014年12月 6日 (土)

クリスマスツリーのオーナメント

P1020953くるみの殻でクリスマスツリーのオーナメントを作りました。
毎年何か手作りのものをと思っているのですが、なかなかこの時期になると、色々予定が入ってゆっくり…という訳にもいきません。
去年作ろうと思って出来なかったのが、このオーナメント。

半分に割ったくるみの殻に羊毛を詰めて、模様を付けました。
中に詰める羊毛ボールは、ニードル針で形を作ることもできるけれど、石鹸水の中でころころして作った方が表面の仕上がりが綺麗です。
右端の導きの星のボールはニードル針で作ったのですが、表面がやはり少しでこぼこして、私的には納得できていない作品です。

どんな模様にしようかなと考えるのも楽しいですね。
細かい作業だけど、簡単に出来きて、結構かわいいlovely
これワークショップでやってもいいかもね。

2014年11月27日 (木)

フェルトの小人

先日作ったフェルトの袋は、無事にフェルトの小人さんになりました。
無事にと言ったのは、紆余曲折あったので・・・

P1020911最初あのフェルトをそのまま使って小人さんを1体作りました。
なんとなく可愛くないなあ~と思いながらもう1体作り、ちょっと太った小人さん?と思いながらもう1体作り・・・
3体作った所で並べてみると、やっぱり可愛くないsad
体の羊毛を少し取ってスリムにしたけれど、やっぱりなあ~

P1020912 P1020913

これは作りなおそうと、全部元の状態に。
フェルトをもう1回石鹸水の中で擦り、もう少し縮めました。
その結果、フェルト自体もしっかりしました。
中に詰める羊毛も一回り小さく作りなおして、これでどうだ?
う~ん、可愛くなったではないかlovely
作りなおしてよかった。

P1020918ついでにクルミの赤ちゃんのベッドも作りました。
石鹸水のあるうちに、ついあれもこれも作っとこうと手を広げてしまうのは私の悪い癖。
でもフェルトつくりは楽しいんですhappy01

2014年11月24日 (月)

今日もフェルト作り

P1020895久しぶりに羊毛ボールを作りました。
鈴を芯にして羊毛をしっかり巻いてボールにします。
フェルト化すると縮むので、作りたい大きさより一回り大きく作ります。
下の小さいボールが出来上がりサイズ。

P1020910ちょっと厚めの石鹸水の中でしっかり擦り、フェルト化しました。
出来上がったボールは手触りもいいし、振ると中の鈴がコロコロとやさしい音がします。
赤ちゃんにもお勧めのおもちゃです。

P1020908そして、小さなフェルトの袋。
これは何になるでしょう?
石鹸水の中で羊毛を触っていると、なんだか幸せな気持ちになるから不思議ですね。
でも、2時間近く石鹸水の中に浸かっていた私の手はシワシワですsad

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ