フォト

最近のトラックバック

編み物

2021年5月 9日 (日)

編み物教室

先月ビーズ教室になった編み物教室。
昨日は、お人形のワンピースの続きから。
肩をはいで、袖を編み出しました。
続きは家でも編めるので、同じ毛糸で帽子
を編むことに。
184522489_1540662489471347_8352079736133 184048683_1540662482804681_8249155410813
お人形の頭周りが34㎝なので、私の持っている輪針では大きいと言われ、先生の輪針をお借りしました。
針の長さは4㎝なので、編みにくい😢
まるでシュシュを編んでるみたい。
これだけ見るとほんとに帽子ができるのか?って思います。

帰りに、先生がお庭のお花を下さいました。
綺麗なので、頂いたまま飾っています。
184127199_1540662536138009_5241942393736 183899793_1540662549471341_2901156749864
今日は、頼まれているお人形作り。
何もかも中途半端にならないよう、気をつけなければ😊

2021年3月13日 (土)

お人形のワンピース

お人形教室の生徒さんの紹介で、通い始めた編み物教室。
去年の作品展に来て頂いたのがご縁です。

今迄自己流で編んでいましたが、時間がかかる編み物が苦手な私は、ミシンで縫った方が早いとついつい敬遠しがち。
ビーズも洋裁も教えていらっしゃる先生は、私と同世代。
話が合います😊

160488956_1502941459910117_3490752344942 160304957_1502941463243450_6553303281799
お人形のワンピースを編んでいますが、ゆるゆると話をしながらの楽しい教室です。
素敵なカップで出していただいた紅茶とお菓子でティータイム。
話に夢中になり手も止まりがちですが、来月、袖付けを教えてもらえば、完成の予定。

160664526_1502941506576779_5952776975748 帰りに頂いた菜の花は、玄関に飾りました。
一気に春になった気分です♬
「畑の菜の花が欲しい」と言ったら、「食べるの?飾るの?」と聞かれ、そうか食べるんだと思わず絶句した私でした😵

2019年12月 7日 (土)

アンパンマンのカーディガン


主人が娘の所に行くと言うので、アンパンマンの編み込みのカーディガンを託けました。
これは主人の母が娘のために編んでくれたもので、娘が3歳頃に着ていたものです。
娘が大きくなって着られなくなっても、母の手編みの・・・と思うと手放せず、ずっとタンスの中にしまっておいたもの。
2歳が過ぎた孫なら、もうそろそろ着られるかな?と引っ張り出しました。


Img_4264 アンパンマンが大好きな孫。
さて反応はどうだったかな?と主人に聞くと、もう興奮しまくりだったみたい。
部屋中きゃっきゃ言いながら、飛び回っていたそう。
良かった、良かった🎶

その時は動き回って写真が撮れなかったので、後で娘から写真が送られて来ました。
大事に取っておいて良かったです。
母も孫が着て、ひ孫が着たと知ったら、きっと喜ぶだろうなあ😃

娘が生活団を卒団する時に着た、私が縫ったジャンバースカートとボレロもいつか着てくれるかな?

2015年10月 8日 (木)

人形のセーター&帽子

P1030651やっと編めた!
作品展用のお人形のセーターと帽子。
テーマは「母から子へ 冬支度」
冬だからやっぱりセーターかな~と編み出したものの、編み物は苦手な私。
棒針からこぼれた目を拾いながら、「布の洋服ならとっくに出来てるわ~」とブツブツ
首回りの大きさが決まらなくて、編みあがった袖をほどいてやり直しました。

セーターは棒針で、帽子はかぎ針で編み方を変えてみたのですが、毛糸を変えなかったので、なんとなくお揃いっぽくなりました。
早速お人形に着せてみたら、片目をつぶって遠くから見れば、私の拙さはカバーできるみたい・・・
でも形になるって嬉しいものです。

セーターが編めたので、これからお人形の髪の毛を付けます。
布と違って編みあがってみないと雰囲気がつかめず、セーターに合わせて髪の毛の色を決めようと思います。
まだまだ作らなきゃいけないものはたくさんあるんだけど、「ついでにマフラーは編まないの?」 なんて声がどこからか聞こえてきそうな・・・
毛糸はまだ少し残っているんだけどなあ~

2015年9月21日 (月)

お人形のセーター

今日は朝からお墓参り。
お盆に掃除をしたのに、この1か月でまた雑草が生えていました。
ほんとに取っても取っても、雑草はたくましいです。
きれいにするのに結構時間がかかりました。

P1030576家に帰ってからは、昨日出来なかったお人形のセーターに取り掛かりました。
まずゲージを取ることから。
棒針の6号で編もうか7号で編もうか迷ったので、両方のゲージを取ることに。
ゲージを取るのは大事だと分かっているのですが、あとでほどくものを編みたくないなといつも思います。

P1030577_2編んだ感じは6号の方が良かったので、6号で編む事に。
ゲージから割り出した編目を作り、裾は一目ゴム編みで編み始めました。
少しネップが入った毛糸なのでメリヤスだけでシンプルに編もうかなとも思ったのですが、アクセントに少し模様を入れてみました。

ほんとは手紡ぎ糸で編みたかったんだけど、間に合わなかったら困るので市販の毛糸を使いました。
でも、アクセントに入れたピンクの毛糸はコチニールで染めた毛糸です。
久しぶりの編み物、苦手なんだけど編み始めるとやっぱり楽しいです♪

2014年8月17日 (日)

アンの帽子

今日でお盆休みも終わりですね。
5日間のお休みもあっという間に終わってしまった感じです。
子供は子供のスケジュールがあり、家族でどこに行くという訳でもなく、夫婦二人で家でのんびり過ごしたお休みだったようです。
夫はテレビの前で高校野球を観戦しているので、私は手仕事に勤しむことができました。

で、今日作ったのはアンの帽子。
今NHKで「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子さんの朝ドラを見ているせいか、「すてきにハンドメイド」7月号に赤毛のアンのミニチュアニットが載っているのを見て、作りたくなりました。
「赤毛のアン」は大好きな本で、小学校で出会って以来もう何回読んだことか・・・

P1020634テキストに載っている帽子は、ミニチュアなので大きさは、直径6.5㎝。
私はテキストの編み図を参考にして、ウォルドルフ人形用の帽子を編んでみました。
どれだけ目を増やしたらいいのか手探りで編んでいくので、お人形に被せてはほどきで、何回もほどきました。
夫が横で「せっかく編んだのに大胆にほどくなあ~」と口を挟みますが、合わないのですから仕方ないですよね
編み糸は、ハマナカ エコアンダリアで、30gぐらいで編めました。
手持ちのグリーンのリボンを付けて、出来上がり。

P1020632なんとなくアンの帽子に見えるかな
お人形に被せて、今日は後姿をパチリ
そういえばうちのお人形に赤毛の子はいなかったなあ~
赤毛のアンを作ってみようかな?

2014年8月14日 (木)

レース編みでコースター

先日デージーを織るのに出してきたレース糸。
このまま仕舞うのもなあ~と思い、生徒さんがコースターをたくさん編んでいるのに刺激され、私も編んでみることに・・・

レース編みも久しぶり。
この暑い中、涼しげなレース糸は編むのも、見るのもこの時期にピッタリですね。
お人形も作りたいし、お洋服も縫いたいし、色々したいことは山ほどあるのですが、今日はレース編みをしたいという自分の気持ちを優先しました。

P1020630 P1020625

小さい作品はすぐ出来上がるので、達成感がありますね。
生成りの糸は綿と麻が半々、白い糸は綿100%です。
白いモチーフの淵には、本の通りにビーズを編み込みました。
同じモチーフですが、糸の色、太さで出来上がりは、違って見えます。
一輪挿しの下に敷いてもいいですね。

この勢いで今日中に何枚編めるかな

2012年11月 9日 (金)

手紡ぎ毛糸の帽子

5月17日の日記に書いた手紡ぎの毛糸で、ウォルドルフ人形の帽子を編みました。
ペレの学校の最終課題です。

昨日、入院している父の付き添いで、半日病院に詰めました。
父が寝ている間に何か出来ることはないかなと考え、帽子を編むことにしました。
この帽子はかぎ針編みなので、これなら邪魔にならないで編めるかなと思ったのです。

P1010392 自分で紡いだ毛糸で帽子を編む・・・そんなことができるようになったんだなあ~と思いながら、かぎ針を動かしました。
まっすぐ編むので思ったより簡単です。
父のお世話で中断、中断しながら編んだのですが、お人形の帽子なので、そんなに時間もかかりませんでした。

P1010394 早速お人形にかぶせてみると、かわいいなあ~
白、こげ茶、グレーを混ぜて紡いだので、編み目が少し揃っていなくてもあまり分からないのはラッキーでした
最初の作り目の数を増やせば子供の帽子も、もっと増やせば大人の帽子も編めそう・・・

2011年4月24日 (日)

編みぐるみのうさぎ

今日はイースターサンデー
桜もだいぶ散ってしまったけれど、桜に代わって今、はなみずきが咲き始めています。
春もたけなわと言うところでしょうか

イースターと言っても私はキリスト教徒ではないので、特に何をするという事もないのですが、単純に暖かい春になったという事を喜びたいと思います。
教会ではエッグハントなどしているのでしょうか・・・

P1000111 イースターにむけて、たまごの赤ちゃんを作った後うさぎを編む予定が、急きょヨハンナ作りにとりかかり、予定が大幅に狂いました。
ヨハンナを送り出した後、何もする気になれずずるずると日がたち、気がつけばイースターの前日
慌てて編みぐるみのうさぎを編みました。
イースターが終わったら、来年まで編まないような気がしたもので・・・

うさぎの体は、10㎝四方のメリヤス編み1枚で出来ています。
羊毛を詰めて縫い閉じ、2枚の耳を編んで縫いつけています。
本当は茶色のうさぎも編むはずだったんだけど・・・
急いで編んだので結構、目がガタガタだけど、まあ形になったという事でよしとすることにしました

2011年2月 9日 (水)

うさぎのミニミニポシェット

スウェーデンひつじの詩舎が毎月出している「ひつじの詩だより」という刊行物があります。
ウォルドルフ人形の作品展の案内とか手仕事の情報が毎月載っていて、楽しい読み物です。

その1月号に、講師の笹岡かおりさんが「うさぎのミニミニポシェット」の編み方を紹介して下さっています。
ちょっぴりの糸で短時間で編めると書いてあったので、編み物苦手な私にも編めるかなと挑戦してみました。

白い毛糸は中細しかなかったので、二本どりで編むことにしました。
編み図を見ながら、長編みで1目おきに増やす・・・今度は減らす・・・このへんはなんとかクリア
足も耳もたぶんこれでいいかなとここまでは、まあまあ順調に進みました。
今度は腕。ん中長パフコーン2目
まあるくするんだろうなと想像はつくけれど・・・
とうとう編み物の本を引っ張り出して、ああなるほどねと、なんとかクリア。
尻尾は羊毛でボンボンを作るって書いてあったけれど、ついでに小さなボンボンを編んで縫いつけました。

Cimg1474 Cimg1475

とても短時間ではできなかったけれど、うさぎさんの形になりました。
耳から足先まで13㎝位です。
ちゃんと背中があいているので、キャンディが2個位は入ります。

小さい子どもさんのポシェットだけど、ウォルドルフ人形C体の子に下げてみたら、これまた可愛い
興味のある方、編んでみて下さいね。
編み図が載っている「ひつじの詩だより」はこちらから。
http://www.s-hitsuji.co.jp/info/uta.html

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ